2017/02/26

ラ・ラ・ランド

町山智治さんが絶賛していた「アカデミー賞の受賞は確実!」という映画『ラ・ラ・ランド』を、近鉄四日市駅前「ララスクエア」の映画館「109シネマズ四日市」で観た。「ララ」つながり。

LAが舞台。売れない女優とジャズ音楽家の恋愛ミュージカル。キーワードは「夢追い人」。二人は夢を叶えられるか!満足度★★★★☆。


色々な要素がテンコ盛り(らしい・・)映画。「ミュージカル」「恋愛」「ジャズ」「役者(オーディションの苦悩)」「ハリウッド名作映画のオマージュ」「LAのデートスポット」などなど。そして「映像が綺麗で美しい」。

ミュージカル映画だけに、全編に渡り、ジャズや色々な音楽が続き、ストーリー(感情)とリズムのマッチが楽しい。滝廉太郎作曲の曲『荒城の月』(ジャズ・ピアニストのセロニアス・モンクが『ジャパーニーズ・フォーク・ソング』としてカバーした曲)も使われる。デイミアン監督(前作はあの『セッション』!)は『ラ・ラ・ランド』のテーマを「叶う夢もあれば、叶わない夢もある」としており、アーティストの「喜怒哀楽の人生そのもの」みたいな情熱全開の映画。

主演の二人の演技が凄くて、とても魅力的。ヒロインのエマ・ストーンは、めちゃ目が大きいな。とても表情豊か。「ミュージカル」映画と言えば、最近は「インドのボリウッド映画」でキレあるダンスが見ものだけど、今回の『ラ・ラ・ランド』も、主人公の二人や、高速道路、LAの観光名所で繰り広げられるダンスもこの映画の見所。「プリウスの車の鍵」のシーンが印象に残ったが、これは何を暗示しているのかな?

『雨に唄えば』(1953)、『理由なき反抗』(1955)、『カサブランカ』(1942)などの名作映画のオマージュが随所にあるらしいが、その辺りは知識不足でわからなかった。今後、ハリウッドの名作にもそろそろ手を伸ばすかな。

四日市に引越ししてから映画館で映画を観るのは初めて。シネコンなので、映画館の雰囲気は、京都の「MOVIX京都」や「二条TOHOシネマズ」と似たカンジ。「京都シネマ」のようなミニシアターの雰囲気を味わうには、名古屋まで足を伸ばす必要があるかな。

予告編『ラ・ラ・ランド』


2017/02/25

BEYOND THE TRYLINE

ネットレンタル映画で、『ラグビーワールドカップ2015 激闘の向こうに』を観た。英国ラグビーW杯2015のドキュメンタリー映画。キーワードは「Professionalism」。グランド整備師の「プロとして誇りを持っている」という言葉が一番印象に残った。満足度★★★★☆。

映画『BEYOND THE TRYLINE』

映画の原題は『BEYOND THE TRYLINE』。この大会のハイライトは、大会二連覇を達成したオールブラックスよりも、はやり「ラグビーW杯史上最大の衝撃、番狂わせ、歴史的勝利!」と色々な言葉で表現される「日本の南アフリカ撃破」。これが大会を面白くした最大要因だと。

このドキュメンタリーでも、その試合が出てくるが、主に焦点を当てられているのは、「大会に関わるプロの人々」。選手、監督はもちろん、審判、グランド整備師、カメラマン、大会スタッフなど。

彼らは「偉大なスポーツ(great sport)」であるラグビーの魅力を語り、「W杯をいかに成功させるか」というゴールに向かって、全力を尽くす。そこで共通するには「 プロフェッショナリズム(Professionalism) 」である。色々な Professionalismが統合して、「熱狂的なラグビーW杯」が生み出された。その過程を映像で観れるのは、ドキュメンタリー映画ならでは。

そして、次回ラグビーW杯は、2019年9月に日本で開催予定。このラグビーの本場である英国で成功した「W杯の熱狂」を、アジアで生み出すことができるかどうか。その鍵は、「選手、観客」だけでなく、大会に関わる様々な人々の 「Professionalism」にもかかっている。

ラグビーだけでなく、「自分の仕事の Professionalismとは何ぞや」と考える良い機会になった。

予告編『BEYOND THE TRYLINE』


2017/01/08

神去なあなあ夜話

電子書籍で、三浦しをん『神去なあなあ夜話』を読んだ。映画『WOOD JOB! 〜神去なあなあ日常〜』の原作『神去なあなあ日常』の続編。林業の仕事に就き、神去村に根をはりながら成長する勇気。神去村の主要メンバーの理解が深まる。満足度★★★★★。


神去村の人間関係や過去の話が面白い。爆笑シーンが多い。感動する話も。自分が三重県に移住してから読むのは、なんだかタイミング的に興味深い。

架空の村「神去村」は、三重県津市の「美杉村」だそうで、著者三浦しをんの父の出身地だとか。

作家「三浦しをん」にかなり興味をもった。『まほろ駅前多田便利軒』は読んだが、『風が強く吹いている』『舟を編む』など他の著作も読んでみたい。


2017/01/06

君の名は。Another Side

『君の名は。Another Side』を読んだ。三葉のまわりの人の話。瀧、テッシー、四葉、父。二葉の話で理解が深まる。満足度★★★★★。

この世のすべてはあるべきところにおさまるんやよ。(by.二葉)

なんだか、『エヴァンゲリオン』のゲンドウとユイの関係に似てる気がした。

四葉の「小学生的な哲学じみた考え」が面白かった。



2016/11/20

この世界の片隅に

悲しくて悲しくて、とてもやりきれない
このやるせないモヤモヤを、誰かに告げようか・・

イオンシネマ桂川で映画『この世界の片隅に』をレイトショー(1300円)で観てきた。こうの史代原作。戦中、広島から呉へ18歳のすずサンが嫁に行く。満足度★★★★★(+100★)。



今年は、話題作となった『シン・コジラ』も『君の名は。』も良かったが、この『この世界の片隅に』が間違いなく、マイベスト!こうの史代の原作を読んでいたので、ストーリーは熟知していたのだけど、それでも新たに生命力を吹き込まれたアニメーションで、大感動。ここまで「心を大きく揺さぶられる」映画は久しぶりな気がする。

原作を読んだ直後も、映画を観た直後も、 『この世界の片隅に』 ワールドの、「すずサン」およびまわりの「ハートフルな登場人物」から得た感動「とてもやりきれない、やるせないモヤモヤ」をしばらく持ち歩こう。

予告編動画(日本)

2016/11/03

さよならドビュッシー

中山七里『さよならドビュッシー』を読んだ。全身大やけどを負った少女が天才ピアニストの指導の元、コンクールを目指す。スポ根の音楽ミステリー。第8回「このミステリーがすごい!」大賞作品(2010年)。満足度★★★★★。

中山七里『さよならドビュッシー』

本棚に長年眠っていたこの本を、ふと手にして、通勤電車&バスで連日読んでいたのだが、犯人が明かされる場面では「衝撃」が過ぎて、職場前のバス停を二つも乗り過ごしてしまった・・。この衝撃は、今世間を賑わしている映画『君の名は。』の話が急展開する場面(ネタバレになるので自粛)に相当するレベルだった。「そう来たか・・」。これぞ、ミステリーの醍醐味。脳の刺激(ショック療法)にいいな。

「音楽ミステリー」だけに、ドビュッシー作品をはじめ、ピアノ名曲がたくさん登場。『さよならドビュッシー』は、橋本愛主演で映画化もされているので、結末は知ってしまったが、ストーリーとともに主人公が奏でるピアノ演奏曲も聴いてみたい。

「ドビュッシー」と言えば、大学生の時、合同春合宿を一緒に行った岡山大学ヨット部に、ヨット部ネーム「ドビュッシーさん」がいたなぁ。こういうことは、印象強すぎて、よく覚えている。他にも「エログロさん」や「シモネッタさん」という名前も・・。

最近は「ビジネス書」「環境問題」「政治、歴史」関連の本ばかりを読んでいたので、ミステリー小説は久しぶり。今回受けたの「衝撃」で、再び小説熱に点火したかも。四日市移転後は、通勤時間が大幅に短縮されるので、家での「読書時間」を、これまでより多く確保できるかな。

2016/09/25

京都醸造

前から行こうと思いつつ、伸ばし伸ばしになっていた「京都醸造(Kyoto Brewing Company)」へ。

ウエールズ人、カナダ人、アメリカ人の三人が立ち上げた醸造所。ビール工場併設の試飲スペースで、毎週日曜日に「物凄く美味い」と評判のクラフト・ビールが飲める。場所は、九条と十条通の間で、東寺が近い。

6種類のビールが飲め、いずれも1杯600円(400mL)。最近、IPAにはまっているので、今日は『限定醸造 オーツ麦畑でつかまえて』(American IPA)を飲む。これは「アメリカ・ウィスコンシン州産のホップ」「オーツ麦芽」を使用しているのが特徴。ネーミングもイケてるが、飲みごたえも、

「感動の域」を遥かに超越!!!!!!!!!!!!!

これまで飲んだビールの中で、間違いなく1番。こんなビールが地元京都で飲めるとは。京都市民は幸せ者だな。これから毎週通おうかな。

次回は、大阪から来たという人が「日本一」と絶賛していた黒ビール「黒潮の如く」(ベルジャン・スタウト)を飲もう。

京都醸造のクラフトビールを飲んだら、日本人の「ビール観」が変わるのは間違いない、とここに断言します。

■日本醸造
https://kyotobrewing.com/

I went to Kyoto Brewing Company I wanted to go form before.

The brewery set up by three people, Welsh, Canadian and American. In the tasting space with the beer factory, we can drink craft beer that is reputed as "absolutely delicious" every Sunday. The place is between Kujyo-dori Street and Jujyo-dori Street and close to Toji-temple.

We can drink Six kinds of beer, each one is 600 yen (400 mL). Recently, I'm addicted to IPA, so today I drunk American IPA limited brewed named "The Catcher in the Oates wheat field". It is characterized by using 'America / Wisconsin State Hops' and 'Oat Malt'. Naming is also good. And...

It was much more delicious than my touching area!!!!!

It is definitely No. 1 among the beers we have drunk. I'm surprised that we can drink such a craft beer in local Kyoto. I thought Kyoto citizens are very happy people. I will come here every week.

Next time, I will drink a black beer "Belgian Stout"named "Like KUROSHIO(The Japan Current)".  Person who came from Osaka declared that it's Japan's best in black beer.

 I assure here that there is no doubt that the Japanese "beer view" will change when people drink Kyoto brewed craft beer.

京都醸造
Kyoto Brewing co.

6種類のビールから注文
Order from 6 types of beer

「オーツ麦畑でつかまえて」(American IPA)
"The Catcher in the Oates wheat field" (American IPA)

ビール工場の外観
Appearance of the beer factory

今日はホットドッグの店も出店
Hot dog store opened today.

会社の入り口
Entrance of company

醸造所のタンク
Brewery's tank

京都生まれのクラフトビール
Kraft beer born in Kyoto

京都醸造の地図
Map of Kyoto brewing